F1 ニュース&コラム Passion

ペナルティポイント制の導入

来年からルールを破ったドライバーにはペナルティポイントが与えられ、12ヶ月の間に12ポイントが累積されると出場停止処分となる。   出場停止の後にペナルティポイントはゼロになり、最初からやり直しとなる。 また他にも2014年から適用される小さなルール変更がある。今は車重検査を無視した場合、戒告が与えられている。2014年からは、マシンに手を加えないで速やかに戻した場合は同じだが、マシンを戻さなかったり、作業をして手を加えたと見なされた場合は、ピットレーンスタートになる。 ピットレーンで安全でないスタートがなされた場合のペナルティを見直した。練習走行で違反した場合は、そのレースでのグリッド降格処分、レース中の場合は次のレースのグリッド降格処分となる。 FIAはピットストップ時にマシンを持ち上げる際の動力使用の制限を厳しくした。 レース後にタイム追加ペナルティが付与されるのはレース終了3周前のペナルティになる。現在は終了5周前のペナルティに適用されていた。それ以前のペナルティに関しては今まで通り、ドライブスルーペナルティかストップ&ゴーペナルティとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください