F1 ニュース&コラム Passion

メルセデス 後半戦の失速は過剰なタイヤマネージメント

夏休み前までの前半戦に3勝を上げたメルセデスは、後半戦で1勝も上げられなかったが、これはタイヤを過剰に管理したからであると、チームトップのトト・ウルフは考えている。 今シーズンの序盤もメルセデスはタイヤの温度管理に苦しんだ。 メルセデスGPはニコ・ロズベルグがモナコGPで勝利を挙げたが、ここはタイヤへの負担が最も少ないサーキットでタイヤに厳しいメルセデスでも問題なかった。その後、タイヤの温度を管理できるようになったメルセデスGPはイギリスGPでニコが、ハンガリーGPではハミルトンが優勝した。 だがその後は1勝も上げることなく、シーズンを終えた。トト・ウルフは序盤戦はタイヤに厳しかったので、温度管理をした結果、タイヤが変更された後はタイヤの温度を適切に上げることが難しくなり、動作温度領域を維持するのが難しくなったと述べた。 ハンガリーGPは猛暑の中で開催されたので、タイヤ温度問題は発生しなかったと考えられる。 イギリスGPのバースト騒動の後、ピレリはハンガリーGPから昨年の構造に今年のコンパウンドを貼り付けた新しいタイヤを導入した。 「我々の車はロータスと同じ現象に悩まされた。タイヤに優しすぎてスイッチを入れられず、適切に温度を上げることができなかった」 ウルフは同時にレッドブルはタイヤの変更のうまく適応したことを認めた。 「彼らはとても知的なやり方で対応した」 「昨年チャンピオンを取った時と同じタイヤを彼らは理解しており、正しい判断と方法を実行した」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください