F1 ニュース&コラム Passion

ウィットマーシュはアロンソとの契約を試みていた

マクラーレンのチーム代表であるマーティン・ウィットマーシュは2014年のドライバーとして、アロンソと契約しよう試みていた。 ウィットマーシュは2013年シーズン途中にアロンソとフェラーリの関係が悪化したのをうけて、契約を試みたが失敗。彼は2015年以降の契約を視野に入れている。 フェラーリの競争力のなさとライコネンの移籍があり、アロンソのチーム内の立場は微妙に変化しいてる。 ウィットマーシュはアロンソのことを聞かれて、「彼はベストドライバーであり、どのチームも彼を欲しがる」と答えた。 マクラーレンへの移籍の可能性を聞かれてアロンソは、「今はフェラーリに満足している。契約の最後までこのチームにいたい」と述べたが、これは公式な発言であり本心は違うと思われる。 2007年にアロンソとデニスの関係は緊張し破綻したが、現チーム代表のウィットマーシュはアロンソを世界最高のドライバーと認めており、2007年にアロンソを手放したのは間違いだったと述べている。 またアロンソはマクラーレンを離れたのはデニスとの個人的な関係悪化が全てであり、チームの関係は問題がないと話している。現在、デニスはマクラーレンのF1プログラムからは離れている。 フェラーリは来年のエンジン開発競争に出遅れていると見られていて、来年のアロンソのチャンピオン獲得には早くも黄信号が点滅していると思われている。 2014年のドライバーとしてアロンソの獲得を失敗したマクラーレンは、ケビン・マグヌッセンと契約した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください