F1 ニュース&コラム Passion

ピレリ テストでバーストも安全性には心配ない

テスト最終日にロズベルグのメルセデスが履いたタイヤがバーストしたが、ピレリは2014年のタイヤに関する安全性に問題はないと述べた。   2013年に構造を変更したタイヤを持ち込んだピレリタイヤが強度不足からバースト。シーズン途中からタイヤの構造を変更した事件を受けて、ピレリがFIAに要望して開催されたタイヤのテストである 2014年のマシンはモーターで駆動する部分が多くなり、タイヤにかかるトルクが増して、タイヤに対する負荷は大きくなると考えられている。その為、ピレリは最新の2013年型F1で2014年用のタイヤをテストしたいと強く要望して、このテストが実現した。 今回のテストには全てのチームが招待されたが時間と資金的な制約もあり、レッドブル、フェラーリ、メルセデス、トロロッソの4チームだけが参加した。 2014年用のタイヤを評価するために、ピレリは複数の構造やコンパウンドのタイヤを持ち込み、その中にはプロトタイプも含まれていた。バーストしたタイヤは、研究所でテストしただけのプロトタイプであり、このタイヤは2014年に使用されることはない。 他のタイヤには大きな問題が見つかっておらず、2014年のタイヤは安全であるとピレリは述べた。 バーストしたロズベルグのタイヤは調査され、調査結果はFIAに報告される。 2014年のタイヤが安全なのは歓迎すべき(というか当たり前の話)ではあるが、320kmでタイヤがバーストしたロズベルグはたまったものではない。幸いバーストしたのがストレートだったので大きな問題にはならなかったが、この件をみてもピレリのシミュレーションの技術には疑問が残る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください