F1 ニュース&コラム Passion

ブーリエ マクラーレン移籍が正式発表

ロータスを離れたエリック・ブーリエがマクラーレンへ移籍したことが正式に発表された。彼はロータスの代表を辞任後、マクラーレンのチーム代表になるのではないかと噂されていた。   エリック・ブーリエはマクラーレンのチーム代表ではなく、レーシング・ディレクターになる。彼はレースでのチーム運営を担当し、未だ発表されていない新しいCEOの下で働くことになる。新しいCEOがまだ着任していないので、当面はチーフ・オペレーティング・オフィサーのジョナサン・ニールに報告することになる。つまりこれは上級管理職と言うことになる。 ロン・デニスは新しい組織はマクラーレンを勝利へ連れ戻すことを確信していると述べている。 「それを確信している。ひとたびマクラーレンの組織改革ができあがると、競争力を完全に取り戻すことができる」と彼は述べた。 またブーリエは「このような機会を与えてもらい光栄です。新しい組織の中で、他のマクラーレンの上級管理職の面々とうまく働き貢献して、変化をもたらし、成功をもたらしたいと強く思います」と述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください