F1 ニュース&コラム Passion

2014年ヘレステスト3日目 マグヌッセンがトップ

2014年 プレシーズンテストの3日目がスペインのヘレスサーキットで開催され、マクラーレンMP4-29をドライブするルーキーのケビン・マグヌッセンがトップタイムをマークした。   マクラーレンは午前中にバトンが40周、午後はマグヌッセンが51周を走行。合計91周はこの日の最多ラップである。 2番手タイムはウィリアムズに移籍したテスト初登場のマッサが記録。 フェラーリは地元スペインの英雄 フェルナンド・アロンソが新車F14 Tで初走行し、58周を走り5番手タイムでテストを終えた。 昨日、トラブルの修正に自信を見せたルノーだったが、この日も苦戦した。レッドブルはRB10にトラブルが発生し、わずか3周しか走行できず、タイムを記録することができなかった。トラブルが治る見込みがないことから、レッドブルは午後には早々に引き上げてしまった。レッドブルは3日間でわずかに14周しか走れていない。 ケータハムはリザーブドライバーのフラインスが走行し、10周を走ったがタイムは記録せず。 この日の午後にはマルシアの新車MR03が初登場。チルトンがシェイクダウン走行をした。 テスト4日目の今日は、日本の小林可夢偉が登場する。 2014年プレシーズンテスト3日目
Pos No Driver Team Best Time LAP
1 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン MP4-29 1分23秒276 51
2 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ FW36 1分23秒700 47
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス W05 1分23秒952 62
4 22 ジェンソン・バトン マクラーレン MP4-29 1分25秒030 40
5 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ F14 T 1分25秒495 58
6 26 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア VM07 1分26秒096 17
7 25 ジャン・エリック・ベルニュ トロ・ロッソ STR9 1分29秒915 28
8 99 エイドリアン・スーティル ザウバー C33 1分30秒161 34
9 46 ロビン・フラインス ケータハム CT05 10
10 4 マックス・チルトン マルシャ MR03 5
11 3 ダニエル・リカルド レッドブル RB10 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください