F1 ニュース&コラム Passion

プロドロモウ レッドブル残留か

昨年の秋にマクラーレンと契約したと伝えられていたピーター・プロドロモウがレッドブルに残留するかもしれない。   ピーター・プロドロモウはギリシア系イギリス人で以前はマクラーレンでニューウェイと働き、ニューウェイのレッドブル移籍の後を追って、レッドブルでニューウェイの右腕として活躍していた。 昨年の秋にプロドロモウがマクラーレンと契約したと報じられた時、レッドブルのチーム代表 クリスチャン・ホーナーは少なくとも契約期間満了まではマクラーレンへの移籍を認めないと発言していた。 その後、レッドブルはこの優秀なエンジニアを残すべく、手を尽くした結果、彼はレッドブルへ残るかもしれない。これは彼と契約した時のマクラーレン チーム代表のウィットマーシュの辞任が影響しているかもしれない。 この場合、マクラーレンはこの有名なエアロダイナミシストを契約不履行で訴えることになるだろうが、最終的には金銭的な補償で落ち着くはずであり、レッドブルは喜んで支払いをするだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください