F1 ニュース&コラム Passion

佐藤公哉 カンポスからGP2参戦決定

2014年シーズン 日本の佐藤公哉がカンポスレーシングからGP2へ参戦することが決定した。   1989年10月5日生まれの佐藤公哉はフォーミュラBMWでキャリアをスタートさせ、その後日本のF3へ参戦。2010年には日本のF3へ参戦しながらF3 ユーロシリーズにもデビューを果たした。そして昨年はAuto GPシリーズに参加して、チャンピオンは逃したものの、5勝をあげてランキング2位になった。彼は自動車メーカーからのサポートを受けずにヨーロッパで活躍している数少ない日本人ドライバーである。 佐藤公哉のコメント: 「カンポスレーシングからGP2へ参戦できて、とてもうれしいです。昨年、Auto GPで2位になった自分にとって、GP2への参戦はいいステップアップだと思いますし、カンポスのようなトップチームと合意に至れたことはうれしいです。カンポスはGP2で成功した歴史を持っていますし、チームは経験豊かでプロフェッショナルで、今年いい印象を残す為のサポートを与えてくれることを知っています。ドライバーとして成功し、ドライバー視点からより理解できるチーム代表のエイドリアンとチームと働くのを本当に楽しみにしています。今はハードなトレーニングをしていて、火曜日に本社を訪れるのを楽しみにしています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください