F1 ニュース&コラム Passion

ルノー バーレーンテストまでに問題を解決する

ルノーは最初のプレシーズンテストであるヘレステストで露呈したトラブルは致命的ではなく、次のテストまでに解決可能であると述べた。   ルノーのトラック オペレーションの責任者であるレミ・タフィンは来週から始まるバーレーンテストの前には問題を修正すると述べた。 「最初のテストでは多くの課題を残した。主にハードとソフトウェアに関する問題である」 「ハードウェアの問題に関しては修正に自信がある。バーレーンテストでは順調にいくだろう」 「ソフトウェアに関しては改良の余地がある。当初の予定より遅れているが、最初のテストより前進している」 「バーレーンテストでは初日から順調に動作し、問題ないようにする」 「ハードとソフトウェアは開発の余地があるが、致命的ではない。しかしそれが我々の現状である」 「全てのユニットを同時に動作させるように努力しているが、順調に動作させるのは難しく、一部を優先しなければならない場合もある」 2014年のパワーユニットは複数のユニットから構成されている。ルノーのこの言葉を信じるならば、単体のユニットは問題ないが、それらは協調して使用するためのソフトウェアに問題を抱えているようである。彼らはこの問題を解決できると思っているようだが、それには少々の時間がかかるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください