F1 ニュース&コラム Passion

2014バーレーンテスト4日目 ロズベルグが最速

ニコ・ロズベルグが2014年プレシーズンテストである第1次バーレーンテストの4日目に最速タイムを記録した。 これによりメルセデスは今シーズンの有力チームであるとの見方を強めることになった。ニコ・ロズベルグの記録したタイム1分33秒283は2位のジェンソン・バトンより約1.6秒も速い。3位のライコネンはニコより3.4秒も遅いので、上位の2台はすでにパフォーマンスランを始めている。 ただニコもトラブルがなかったわけではなく、7回出たレッドフラッグのうち2回はメルセデスが原因であった。だがそれでもニコは他の誰よりも周回数を重ねることができた。 ウィリアムズは契約したばかりのテストドライバー、フェリペ・ナスリがドライブし、四番手タイムを記録した。 信頼性不足に悩むレッドブルはこの日も苦戦。トラックには何回か登場したものの、すぐにピットに戻る状況が多く、たったの15周しかできなかった。 キミ・ライコネンは3番手タイムを記録したが、テストの終了間際にターン4で飛び出しクラッシュ。赤旗が出てそのままテストは終了した。 ザウバーのスーティルとマルシアのビアンキはトラブルで周回数が少なく、タイムを記録しなかった。 ケータハムは経験不足のエリクソンにも午前中にドライブの機会を与えたが、電気系のトラブルでストップ。その修正に時間がかかり、午後の可夢偉の登場は遅れ、わずかに17周でテストの最終日を終えた。 2014年プレシーズンテスト 第1次バーレーンテスト4日目 Driver Car Best time Laps Difference 1 Nico Rosberg Mercedes W05 1’33.283 89 2 Jenson Button McLaren-Mercedes MP4-29 1’34.957 66 1.674 3 Kimi Raikkonen Ferrari F14 T 1’36.718 82 3.435 4 Felipe Nasr Williams-Mercedes FW36 1’37.569 87 4.286 5 Pastor Maldonado Lotus-Renault E22 1’38.707 59 5.424 6 Sergio Perez Force India-Mercedes VJM07 1’39.258 19 5.975 7 Daniel Ricciardo Red Bull-Renault RB10 1’39.837 15 6.554 8 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Renault STR9 1’40.472 19 7.189 9 Kamui Kobayashi Caterham-Renault CT05 1’43.027 17 9.744 10 Marcus Ericsson Caterham-Renault CT05 1’45.094 4 11.811 11 Adrian Sutil Sauber-Ferrari C33 7 12 Jules Bianchi Marussia-Ferrari MR03 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください