F1 ニュース&コラム Passion

新しいピレリはタイヤカスが少ない

ピレリは2014年度版のタイヤは昨年よりタイヤカスが少ないと話した。   この数年、特にソフト側のタイヤに関してはタイヤカスが多く出ていたが、これはレコードライン以外を走ることを難しくし、コース上でのオーバーテイクを難しくしていた。 「各チームはまだマシンテストの初期段階であるが、これまでのテスト結果を検証すると2014年のタイヤは昨年のタイヤより一貫性が有り、丈夫である」とピレリの責任者であるポール・ヘンベリーが述べた。 「結果的にコース上でのタイヤカスは少なく、これは私たちの目的の1つである」 ただヘンベリーはシーズン開幕前の更なるタイヤの変更を否定はしなかった。 「テストから有益なデータを収集している。もちろん必要であれば、開幕までのタイヤスペックの変更は可能だ」 こられのコメントを見ると今年のピレリタイヤは、より固いコンパウンドを使用し、構造も強固にしてきて、信頼性の確保を優先していることがうかがわれる。少なくとも今年のピレリタイヤは昨年のように話題の中心になることはなさそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください