F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.1 オーストラリアGP決勝 ロズベルグ独走で優勝

2014年開幕戦のオーストラリアGPの決勝レースがおこなわれ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが独走で今シーズンの初勝利をあげた。 スタートでリードを奪ったニコ・ロズベルグはセーフティカーの導入により、一時リードを失ったものの、その後も2位以降に一周1秒近く速いペースを維持して、2位に大差をつけての優勝となった。 2位はなんとレッドブルの地元オーストラリア出身、ダニエル・リカルド。プレシーズンテストの結果から見ると驚きに結果になった。 3位は新人のケビン・マグヌッセンが初レースで初入賞になった。これは2007年のルイス・ハミルトンを彷彿させる結果である。 4位は予選11位から追い上げたマクラーレンのバトン。 5位はペース不足に悩まされながらもフェラーリのアロンソが入賞。チームメイトのライコネンは8位。 前評判の高かったウィリアムズのボッタスは6位だが、壁にぶつけてタイヤがパンクしていなければ、上位を狙えた。 7位のヒュルケンベルグはレース前半、アロンソと順位を争っていたが、最後は7位となった。 トロ・ロッソの2台が共に9位と10位でダブル入賞したのは、リカルドの2位同様に驚きの結果である。 小林可夢偉はスタート直後にマッサのリアに突っこみ、リタイヤとなった。 それにしてもプレシーズンテストであれだけ問題が多発しても開幕戦で14台完走するとは、さすがにF1チームである。 2014年 Rd.1 オーストラリアGP決勝結果 Pos No. ドライバー チーム 1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 2 3 ダニエル・リカルド レッドブル 3 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン 4 22 ジェンソン・バトン マクラーレン 5 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 6 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 8 7 キミ・ライコネン フェラーリ 9 25 ジャン・エリック・ベルニュ トロ・ロッソ 10 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 11 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア 12 99 エイドリアン・スーティル ザウバー 13 21 エステバン・グティエレス ザウバー 14 4 マックス・チルトン マルシャ   8 ロマン・グロージャン ロータス   17 ジュール・ビアンキ マルシャ   13 パストール・マルドナド ロータス   9 マーカス・エリクソン ケータハム   1 セバスチャン・ベッテル レッドブル   44 ルイス・ハミルトン メルセデス   19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ   10 小林可夢偉 ケータハム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください