F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.3 バーレーンGP FP2 ハミルトンが最速タイム

2014年第3戦のF1バーレーンGPのフリー走行2回目が4日現地時間の18時から開催され、またもやメルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムであった。 今年初開催から10周年を迎えるバーレーンGPは、初のトワイライトレースとして開催される。その為、フリー走行二回目では各マシンが照明の中を走行した。 メルセデスはフリー走行二回目も1−2を独占。ニコ・ロズベルグは2回目のフリー走行でもハミルトンに届かなかった。 3位はフェラーリのアロンソ。だがトップのハミルトンと3位アロンソとのタイムはや約1秒で圧倒的な速さである。 レッドブルのリカルドが4位でルノーパワー勢での最速。 チームメイトのベッテルは7位である。 上位10台の中にはメルセデスパワー勢が6台いて、予想通りメルセデス優位の状況である。 小林可夢偉は33周を走行できた。クリアラップを取れなかったので、記録したタイムは21番手ではあったが、走行を重ねることができたのはポジティブである。 F1バーレーンGP フリー走行3回目は、明日5日現地時間15時(日本時間21時)から開催される予定である。 【2014年 第3戦 バーレーンGP フリー走行3回目 結果】 Pos Driver Team BestTime LAP 1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1分34秒325 28 2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1分34秒690 31 3 F・アロンソ フェラーリ 1分35秒360 28 4 ダニエル・リカルド レッドブル 1分35秒433 28 5 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1分35秒442 13 6 ジェンソン・バトン マクラーレン 1分35秒528 21 7 S・ベッテル レッドブル 1分35秒606 30 8 ダニエル・クビアト トロ・ロッソ 1分35秒640 31 9 ケビン・マグヌッセン マクラーレン 1分35秒662 22 10 セルジオ・ペレス F・インディア 1分35秒802 40 11 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1分35秒920 9 12 J・E・ベルニュ トロ・ロッソ 1分35秒972 33 13 N・ヒュルケンベルグ F・インディア 1分35秒998 18 14 キミ・ライコネン フェラーリ 1分36秒366 33 15 A・スーティル ザウバー 1分36秒962 13 16 E・グティエレス ザウバー 1分36秒975 35 17 P・マルドナド ロータス 1分37秒259 25 18 ロマン・グロージャン ロータス 1分37秒599 23 19 ジュール・ビアンキ マルシャ 1分37秒800 15 20 マックス・チルトン マルシャ 1分38秒247 10 21 小林可夢偉 ケータハム 1分38秒257 33 22 マーカス・エリクソン ケータハム 1分39秒136 30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください