F1 ニュース&コラム Passion

2014 インシーズンテストDay1 ロズベルグがリード

今シーズン始めてのインシーズンテストがバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催され、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録した。 11チーム全てが合計で8日開催されるインシーズンテストの第1日目に参加した。どのテストもレース終了後に、2日間ずつ4回に分けて開催される。 ロズベルグが2位のヒュルケンベルグに0.367秒差を付けてトップになった。彼は121周を走りきり、走行距離でもまたトップであった。 フェラーリのアロンソは3位。明日も走るアロンソはトップより約1秒近く遅いタイムであった。アロンソは午前中を空力の評価と異なるシステムのセットアップを試していた。 フェラーリは午前中にコース上で止まってしまい、赤旗の原因となった。午後は路面温度が45度にまで到達し、短い距離の走行を繰り返し、セットアップの比較をしていた。 マクラーレンのマグヌッセンが4位。 18歳のロシア人 セルゲイ・シロトキンがザウバーで初のF1走行をし411kmを走破した。これでスーパーライセンス発給に必要な300kmをクリアできた。 マルドナドはまたもトラブルに見舞われている。ルノーのパワーユニットに問題が発生し、たったの16周しか走れなかった。 ケータハムはタイヤテストデーに指定され、フラインスが走行。タイヤウォーマーの使用が禁止される来年度用のタイヤをテストしていた。可夢偉は今回のテストには参加しない。 【2014 インシーズンテスト 1日目@バーレーン】 Driver Team Best time Laps タイム差 1 Nico Rosberg Mercedes 1’35.697 121 2 Nico Hulkenberg Force India 1’36.064 69 0.367 3 Fernando Alonso Ferrari 1’36.626 69 0.929 4 Kevin Magnussen McLaren 1’36.634 102 0.937 5 Valtteri Bottas Williams 1’37.305 28 1.608 6 Max Chilton Marussia 1’37.678 60 1.981 7 Daniel Ricciardo Red Bull 1’38.326 91 2.629 8 Sergey Sirotkin Sauber 1’39.023 76 3.326 9 Robin Frijns Caterham 1’40.027 63 4.33 10 Pastor Maldonado Lotus 1’40.183 16 4.486 11 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’40.452 67 4.755

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください