F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.4 中国GP FP1 アロンソがトップタイム

中国GPの金曜日最初の練習走行が開催され、フェラーリのフェルナンド・アロンソが最速タイムを記録した。 アロンソはトップタイムだったが、チームメイトのライコネンはタイムを記録することなくセッションを終えた。 新しいチーム代表であるマルコ・マテアッツィが見守る中、昨年の中国GP勝者のアロンソは2位メルセデスのニコ・ロズベルグに0.4秒差をつけた。 ライコネンはステアリングのトラブルでまともに走ることができなかった。ジュール・ビアンキは燃料システムのトラブル、グチエレスはクラッチトラブルに見舞われた。ビアンキとグチエレスはセッション終盤に走ることができたが、ライコネンは走行できずにタイムを記録できなかった。 メルセデスのハミルトンは技術的な問題が出てわずかに9周しかできず、8位に終わった。 ハミルトンのトラブルに関わらず、上位6台のうち4台はメルセデスのパワーユニット搭載車である。 メルセデス勢以外で最速だったのは、レッドブルのリカルドで3位である。 小林可夢偉は16周を走行し、トップから4.2秒遅れの17位であったが、チームメイトのエリクソンとマルシアの2台よりはいいタイムを記録した。 【2014 Rd.4 中国GP FP1結果】 Pos Driver Team Best Time タイム差 LAP 1 Fernando Alonso Ferrari 1’39.783 20 2 Nico Rosberg Mercedes 1’40.181 0.398 16 3 Daniel Ricciardo Red Bull 1’40.772 0.989 23 4 Jenson Button McLaren 1’40.970 1.187 23 5 Nico Hulkenberg Force India 1’41.175 1.392 16 6 Kevin Magnussen McLaren 1’41.366 1.583 20 7 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’41.505 1.722 26 8 Lewis Hamilton Mercedes 1’41.560 1.777 9 9 Sebastian Vettel Red Bull 1’41.629 1.846 19 10 Felipe Massa Williams 1’41.699 1.916 14 11 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’41.977 2.194 23 12 Romain Grosjean Lotus 1’42.090 2.307 24 13 Felipe Nasr Williams 1’42.265 2.482 13 14 G. V.D. Garde Sauber 1’42.615 2.832 16 15 Sergio Perez Force India 1’42.733 2.95 13 16 Pastor Maldonado Lotus 1’43.731 3.948 22 17 Kamui Kobayashi Caterham 1’44.038 4.255 16 18 Esteban Gutierrez Sauber 1’44.162 4.379 17 19 Jules Bianchi Marussia 1’44.270 4.487 7 20 Max Chilton Marussia 1’44.782 4.999 20 21 Marcus Ericsson Caterham 1’44.835 5.052 22 22 Kimi Raikkonen Ferrari 1  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください