F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.4 中国GP FP2 ハミルトン トップタイムもマシンに不満

129711646-57111842014 ハミルトンは中国GP金曜日 第1回目の練習走行でトラブルに見舞われたが、午後のFP2ではでトップタイムを記録した。 彼はフリー走行2回目の前半を走行できなかったにも関わらず、セッションが終わると最速であった。彼はソフトタイヤで1分38秒315を記録。FP1最速だったアロンソに0.1秒差をつけてトップタイムであった。しかしながらハミルトンはメルセデスのバランスに不満である。 ロングランをしていたハミルトンは、セッション終了前に「何かおかしいから戻る」とチームに伝えた。 2位はFP1から好調を維持するフェラーリのフェルナンド・アロンソ。3位にはメルセデスのチームメイトであるニコ・ロズベルグがハミルトンから0.4秒差でつけたが、これはタイムアタック中にセクター3でイエローフラッグが出てペースを落として0.2秒ほどロスした結果である。 レッドブルはリカルドが4位、ベッテルが5位とルノーエンジン勢の中で一番上位につけた。 小林可夢偉は21位でマルシアの2台よりタイムが悪かった。 【2014 Rd.4 中国GP FP2結果】 Pos Driver Team BestTime タイム差 LAP 1 Lewis Hamilton Mercedes 1’38.315 25 2 Fernando Alonso Ferrari 1’38.456 0.141 28 3 Nico Rosberg Mercedes 1’38.726 0.411 30 4 Daniel Ricciardo Red Bull 1’38.811 0.496 30 5 Sebastian Vettel Red Bull 1’39.015 0.7 31 6 Felipe Massa Williams 1’39.118 0.803 25 7 Kimi Raikkonen Ferrari 1’39.283 0.968 25 8 Jenson Button McLaren 1’39.491 1.176 29 9 Romain Grosjean Lotus 1’39.537 1.222 36 10 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’39.648 1.333 26 11 Nico Hulkenberg Force India 1’39.736 1.421 30 12 Kevin Magnussen McLaren 1’39.744 1.429 29 13 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’39.759 1.444 28 14 Valtteri Bottas Williams 1’39.830 1.515 25 15 Sergio Perez Force India 1’40.124 1.809 32 16 Esteban Gutierrez Sauber 1’40.359 2.044 32 17 Adrian Sutil Sauber 1’40.395 2.08 30 18 Pastor Maldonado Lotus 1’40.455 2.14 12 19 Jules Bianchi Marussia 1’42.327 4.012 27 20 Max Chilton Marussia 1’43.473 5.158 30 21 Kamui Kobayashi Caterham 1’43.530 5.215 32 22 Marcus Ericsson Caterham 1’43.679 5.364 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください