F1 ニュース&コラム Passion

2005年F-1 Rd3 バーレーンGP ウラ観戦記

いゃ~、ルノー三連勝でアロンソ2連勝。 誰も予想できなかったであろうこの展開。 フェラーリ&ブリヂストンはニューマシンとニュータイヤで速さを見せた。 序盤、今年初めてルノーのプレッシャーをかけるさすがの走り。 結果的にトラブルでリタイヤとなったがこれはジャン・トッドも想定していたことだろう。 この酷暑のバーレーンGPでニューマシンとくれば信頼性がなくても当たり前。 少なくともルノーに迫れるスピードが見られただけでも大満足だろう。 勝負はヨーロッパに帰ってからと思ってるよね絶対。 今回のGPで一番、光っていたのがペドロ・デ・ラ・ロサ。 何台もパッシングし見せ場を見せてた。 最高にいかしてたね。 彼はこのサーキット走るの初めてだろ。 本当にF1ドライバーはすごいよね。 モントーヤが戻ってくれば、シートはなくなるけどストーブリーグの目玉になるんじゃないかな。 ラルフはしっかりしないとやばいかもよ。 と言うわけでこのGPで一番輝いていたドライバーに送るMost Impressve Driver( 略してMID)このデ・ラ・ロサに差し上げます。 三戦目にして初めてアロンソ以外のドライバー選出となりました。 次は誰になるかな? 俺の予想だとミハエルあたりか。 今回はNo.2の逆襲が見られておもしろかった。 デ・ラ・ロサ予選でライコネンを上回り、クリエンもクルサードを大きく引き離していた。 でも哀れクリエンはスタートできず。 このあたりがトップチームとの違い。 レッドブルの調子の良さを見るにつけ、去年までジャガーがマネージメントに失敗していたのがよくわかるね。 最後にBAR。 予選でも遅く、決勝ではマシンが壊れる。 ブレーキトラブルなんて二流チームのやること。 ホンダはこのチームをどうしたいのだろう。 全然、見えてこない。 さてさて、次からはヨーロッパラウンド突入。 それまでの三週間でフェラーリがどこまでマシンを熟成できるか? 本当の戦いが始まりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください