F1 ニュース&コラム Passion

中嶋一貴 F1デビューか?

中嶋一貴の周辺が騒がしくなってきた。 来シーズンのシートを得られるのではないかと、言うのだ。 可能性は二つある。 一つは、ブルツの代わりにウィリアムズに乗るケース。 今年のブルツは表彰台にも乗り、ポイントもニコより稼いでいるがいかんせん予選でのパフォーマンスが悪い。 昨今のF1では予選順位は非常に重要になっており、ここまで予選が悪いとかなり厳しい。 その為、ブルツのシートは今年限りだろう。 ウィリアムズ側も今年、テスト・ドライブしている中嶋一貴の出来に満足しているらしい。 もっとも、テストとレースは全く別物である。 その辺りは、ウィリアムズ側も分かっているだろう。 そうなると、エンジンを供給しているトヨタの動向が大きく影響してきそうだ。 もう一つは、トヨタだ。 ラルフのパフォーマンスが悪い。 後半になり多少は持ち直してきてはいるが、その高額なサラリーに見合うだけの活躍をしているとは言い難い。 確かにトヨタのマシンは良くない。 ただ、そんな中でも、ツゥルーリは素晴らしい結果を残している。 ツゥルーリの活躍が超人的であることは認めるが、ラルフの立場は極めて悪い。 これを考えるとラルフの将来は、トヨタにはないと思われる。 唯一の残留の可能性は年俸を大幅に削減したときだけだが、ラルフがそれを受け入れるかどうかは定かではない。 もし、ラルフがトヨタに残留したら、それは驚きだ。 そして、トヨタは中嶋一貴は選択肢の一人であることを認めている。 トヨタはハミルトンの活躍に刺激されて、若手の抜擢に意欲的であると伝えられている。 どちらにしても、トヨタがらみの話しではあるのだが、それは気にする必要はない。 あのミハエル・シューマッハーだって最初は持参金を払って、F1にデビューしたのだから。 問題はF1に乗った後である。 それを考えると中嶋一貴のGP2での成績には満足できない。 トルコ終了時点でランキング5位は悪くはない。 ただ、優勝が一度もない点は気になる。 もっとも最近は表彰台を連続して取ったりしているので、残りのレースに期待しよう。 さて、佐藤琢磨、山本左近に続くF1ドライバー誕生となるのだろうか。 楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください