F1 ニュース&コラム Passion

2005年F-1 Rd4 サンマリノGP ウラ観戦記

いゃ~すごいレースを見せてもらいました。 派手なサイドバイサイドもなければ、パッシングシーンもなかったけどミハエルとアロンソのバトルは素晴らしかった。 ついにミハエルのライバル現るといったところ。 ハッキネン引退後、ミハエルが敬意を払うドライバーがいなかったけど、これでアロンソの存在を認めるんじゃないかな。 本当はパッシングシーンも見たかったけど、ミハエルが抜いちゃえばそれで終わりだったからこれはこれで良かった。 ミハエルはこんなにすごい走りが見せられるんだから、スタート直後にコース変更なんかして押さえ込まなくてもいいのにな。 アロンソの登場がミハエルの引退時期を延ばすのか、早くするのかはわからないがミハエルも若手ドライバーのプレッシャーを受ける歳になったってことだね。 ミハエルがどうがんばったって、現役を続けられるのはあと2~3年。 アロンソはポストシューマッハーの最有力になってきた。 確かに今年のルノーは速い。 でもミスなく3連勝するのは並大抵ではない。 開幕戦をものにしたフィジケラを見ればわかるだろう。 偉大なドライバーは速く走ってもミスがほとんどない。 地元で勝つのは難しいとは思うが、次もエキサイティングなレースを見せてくれ。 フェラーリ以外ではBARがやっと調子を取り戻した。 昨年、バトンがここでポールポジションを得てその後、急成長したBARだけに今後が楽しみ。 トヨタに負けていては、ホンダも立つ瀬がないだろうからよかったね。 琢磨もウェバーとバトルをして、いいレースだった。 ライコネンはマクラーレンに合うタイヤを供給してもらい、予選でポールポジション。 タイヤだけじゃないけど、シーズン前に好調が伝えられていたマクラーレンがやっときた。 ただ今年最初のリタイヤがトップ快走中に訪れるとは。 どうも最近のマクラーレンは肝心な所でトラブルが多いような気がする。 レギュレーションが大幅に変更されどのチームも手探りで開発してきたが、そろそろ方向性が見えてきて本当に力が見えてきた。 次はアロンソフィーバー最高潮のスペインGP。 路面の再舗装がミシュラン、ブリヂストンどちらに微笑むのかが勝負の分かれ目になりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください