F1 ニュース&コラム Passion

2005年F-1 Rd5 スペインGP 観戦記 予選編2

二回目の予選もライコネンの走りは圧巻でした。 これで二戦連続のポールポジション。 スタートとトラブルさえなければ最後まで行きそうな予感。 地元のアロンソが2番手から得意のスタートでとこまで食い下がれるかが勝負の分かれ目だ。 ミハエルはかなり燃料積んでいるね。 フルブレーキングで車体が揺れてたからね。 サンマリノと同じ作戦だろうな。 ブリヂストンタイヤが一発のタイムが出ないで、ロングランが良いのであればこれしか作戦がない。 今シーズンの初勝利なるかが注目だ。 トヨタ勢もきっちり上位に入ってきた。 信頼性は良いだけに期待が持てる。 もっとも驚いたのがウェバー。 かなり軽いのか、どうなのか。 最後まで持つとは思えないのだが、そうするとウェバーに引っかかったドライバーは苦戦を強いられるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください