F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.7 カナダGP FP2 ハミルトンが指定席に戻る

291823386-54422662014 カナダGPの2回目フリー走行で、メルセデスの二人が上位のポジションを独占した。 二人は交互に最速タイムを記録して、最終的にハミルトンがトップタイムを記録した。二人の差は0.175秒であり、接戦である。 圧倒的に不利と見られていたレッドブルのベッテルが3位で、トップのハミルトンとの差は0.5秒を切っており、多少の期待がある。 フェラーリの二人もメルセデスに迫り、アロンソが4位、ライコネンが5位につけた。これは彼らがカナダGPに持ち込んだアップデートが機能していること意味している。ただライコネンはセッション終盤に、またもパワーの落ち込みを訴えている。 可夢偉は20位だが、前とのタイム差は1.5秒あり、難しい状況である。 【2014 Rd.7 カナダGP FP2 結果】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 44 Lewis Hamilton Mercedes 1’16.118 42
2 6 Nico Rosberg Mercedes 1’16.293 0.175 39
3 1 Sebastian Vettel Red Bull 1’16.573 0.455 26
4 7 Kimi Raikkonen Ferrari 1’16.648 0.530 31
5 14 Fernando Alonso Ferrari 1’16.701 0.583 27
6 19 Felipe Massa Williams 1’16.774 0.656 37
7 77 Valtteri Bottas Williams 1’16.893 0.775 37
8 20 Kevin Magnussen McLaren 1’17.052 0.934 42
9 22 Jenson Button McLaren 1’17.059 0.941 38
10 25 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’17.180 1.062 40
11 8 Romain Grosjean Lotus 1’17.626 1.508 28
12 3 Daniel Ricciardo Red Bull 1’17.644 1.526 36
13 27 Nico Hulkenberg Force India 1’17.712 1.594 35
14 11 Sergio Perez Force India 1’17.819 1.701 33
15 13 Pastor Maldonado Lotus 1’17.868 1.750 27
16 99 Adrian Sutil Sauber 1’17.964 1.846 47
17 21 Esteban Gutierrez Sauber 1’18.340 2.222 43
18 4 Max Chilton Marussia 1’18.693 2.575 34
19 26 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’18.732 2.614 9
20 10 Kamui Kobayashi Caterham 1’20.244 4.126 38
21 9 Marcus Ericsson Caterham 1’22.418 6.300 13
22 17 Jules Bianchi Marussia 1’32.127 16.009 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください