F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.7 カナダGP 予選 ロズベルグが僅差でポール

N-Rosberg-Saturday-Canada ニコ・ロズベルグがチームメイトであるルイス・ハミルトンを僅差でかわしてカナダGPのポールポジションを獲得した。 Q1ではFp3でクラッシュしたグチエレスはマシンの修復が間に合わず、走行しなかった。ケータハムとマルシアの二台とロータスのマルドナドがQ1で脱落。可夢偉とその前のビアンキとの差は0.9秒もあり、苦しい状況である。 Q2はメルセデスのエンジンを搭載しながらもフォースインディアの二台とマクラーレンのマグヌッセンが脱落。グロージャン、クビアト、スーティルがQ3へ進めなかった。 Q3ではハミルトンが最初のアタックの第1、第2セクターで最速タイムをマークしたが、第3セクターでレッドブルに追いついてしまいタイムをロス、タイムはロズベルグに届かなかった。 2度目のアタックでハミルトンは第1セクターで最速タイムをマークしたが、第2セクターはロズベルグが速く、ハミルトンはターン8でフロントタイヤをロックして、タイムをロス。これにより約0.1秒差をつけられてポールポジションを失った。 だがこのコースは追い抜きが可能なので、モナコと違い2位グリッドでもチャンスはある。 レッドブルのベッテルはルノーエンジンには不利と言われた、このコースで3位につけて健闘した。だがロズベルグとは約0.7秒差があり、差が縮まってきたとはいえ、大きなギャップがある。 【2014 Rd.7 カナダGP 予選結果】
1 Nico Rosberg Mercedes 1’14.874
2 Lewis Hamilton Mercedes 1’14.953
3 Sebastian Vettel Red Bull 1’15.548
4 Valtteri Bottas Williams 1’15.550
5 Felipe Massa Williams 1’15.578
6 Daniel Ricciardo Red Bull 1’15.589
7 Fernando Alonso Ferrari 1’15.814
8 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’16.162
9 Jenson Button McLaren 1’16.182
10 Kimi Raikkonen Ferrari 1’16.214
11 Nico Hulkenberg Force India 1’16.300
12 Kevin Magnussen McLaren 1’16.310
13 Sergio Perez Force India 1’16.472
14 Romain Grosjean Lotus 1’16.687
15 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’16.713
16 Adrian Sutil Sauber 1’17.314
17 Pastor Maldonado Lotus 1’18.329
18 Max Chilton Marussia 1’18.348
19 Jules Bianchi Marussia 1’18.359
20 Kamui Kobayashi Caterham 1’19.278
21 Marcus Ericsson Caterham 1’19.820
22 Esteban Gutierrez Sauber

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください