F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.7 カナダGP FP3 ハミルトンがリード

462985529-311721762014 ルイス・ハミルトンが2位のマッサに対して約0.5秒差をつけてカナダGP最後のフリー走行をリードした。このFP3でも速さを見せつけたメルセデスの2台だが、ウィリアムズのマッサが二人の間に入り、2位につけた。 ウィリアムズはドラッグが少ない(ダウンフォースが少ない)ので、ストレート部分が多い、このサーキットには合っている。 メルセデスの二人はどちらも予選で使用するスーパーソフトタイヤに交換した後、タイムを向上させることができなかった。これは重い燃料を積んでいるのでなければ、タイヤのウォームアップに問題を抱えている可能性がある。 4位と5位はフェラーリのアロンソとライコネンが位置した。フェラーリは今回導入したエンジンマッピングやフロア、空力パーツのアップグレードが効果を発揮している。 二台のフェラーリの間の5位には、レッドブルのリカルドがつける。ベッテルはトラブルが起きて10位。 セッションはザウバーのグチエレスがスピンして、ターン4の壁にクラッシュして赤旗中断となった。 ケータハムの小林可夢偉はトラブルが発生し、チームからの指示でマシンを止めて、その後は走行できなかった。 【2014 Rd.7 カナダGP FP3 結果】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 44 Lewis Hamilton Mercedes 1’15.610 18
2 19 Felipe Massa Williams 1’16.086 0.476 16
3 6 Nico Rosberg Mercedes 1’16.120 0.510 20
4 14 Fernando Alonso Ferrari 1’16.488 0.878 15
5 3 Daniel Ricciardo Red Bull 1’16.504 0.894 15
6 7 Kimi Raikkonen Ferrari 1’16.528 0.918 22
7 77 Valtteri Bottas Williams 1’16.684 1.074 20
8 26 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’16.820 1.210 21
9 25 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’16.824 1.214 19
10 1 Sebastian Vettel Red Bull 1’16.884 1.274 15
11 27 Nico Hulkenberg Force India 1’16.944 1.334 17
12 20 Kevin Magnussen McLaren 1’16.993 1.383 19
13 8 Romain Grosjean Lotus 1’17.121 1.511 21
14 11 Sergio Perez Force India 1’17.188 1.578 19
15 13 Pastor Maldonado Lotus 1’17.224 1.614 21
16 22 Jenson Button McLaren 1’17.360 1.750 23
17 99 Adrian Sutil Sauber 1’17.900 2.290 23
18 17 Jules Bianchi Marussia 1’18.518 2.908 25
19 4 Max Chilton Marussia 1’18.525 2.915 19
20 9 Marcus Ericsson Caterham 1’19.865 4.255 23
21 10 Kamui Kobayashi Caterham 1’20.227 4.617 14
22 21 Esteban Gutierrez Sauber 1’22.388 6.778 6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください