F1 ニュース&コラム Passion

5位になると思っていたロズベルグ 2位で満足

651718844-35622862014 波乱に満ちたカナダGPを2位で終えたニコ・ロズベルグはこの順位で満足だと述べている。 レース中盤で突然、パワーロスに見舞われたメルセデスの2人のドライバー。原因はMGU-Kであると見られている。その前にはブレーキのトラブルにも見舞われており、かなり苦しい状況だったことをニコは認めている。 「二台とも突然、MGU-Kを失ってパワーをロスした」ロズベルグが述べた。 「2回目のピットストップの時もリアブレーキを冷やすために苦しんでいて、ルイスに抜かれてしまった。これが真相だ」 ハミルトンはニコ・ロズベルグをかわした直後にブレーキトラブルが悪化し、リタイヤした。 「レースの終盤に向け、調子の良かったペレスから順位を守ろうとした」とロズベルグは説明した。 「でもダニエル(リカルド)は自分よりもパワーがたくさんあり、ストレートでとても速かったので、抜かれてしまった」 状況は苦しく5位か6位になると思っていたので、2位でとてもいい気分さ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください