F1 ニュース&コラム Passion

フリー走行を減らしコスト削減する案も実現は困難

275881290-22317132014 カナダGPの週末に、主要チームを含む戦略グループが同意したコスト削減計画が明らかになった。 この計画によれば、木曜日のメディア活動はすべて廃止され、金曜日は午後のフリー走行1回のみになる。 メルセデスのパディ・ロウは「その理由は、作業量を大きく減らすことと部品費用の削減、大きな負担になっているパワーユニットの消費を減らすことだ」と語った。 ロウは、このアイデアは小さなチームを助けるためであるが、予算制限の廃止に怒っている中小チームの中には反対する者もいると述べた。 フォース・インディアのアンディ・グリーンは「これでは全くコスト削減にはならない」と語った。 彼は中小のチームは金曜午前のフリー走行で若手ドライバーを走らせ、費用を得ている事が多いので、金曜日午前中の走行がなくなれば大きな収入減になると述べた。 「金曜日午前中の走行がなくなれば、大きな打撃になる」 またザウバーのジャンパオロ・ダラーラは、弱小チームにとって走行時間は「非常に貴重」だと説明した。 「我々は、大きなチームに比べてシミュレーションの能力が限られていて、トラック走行時間は非常に重要だ」 メルセデスのロウは「これはコンセプトだ。まだ最終決定ではない。だから詳細を決めて最終承認を受けるまで約1ヶ月ある」と述べた。 「チームが節約にはならないと思えば、再検討の余地はある」 どうやらこのコスト削減案も実現することはなさそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください