F1 ニュース&コラム Passion

新アメリカF1チームはフェラーリPU搭載が濃厚

  2016年から久しぶりにアメリカのチームがF1に参戦する予定である。現在、彼らは最重要パーツであるパワーユニット供給メーカーと交渉中である。 彼らが交渉しているのはフェラーリとメルセデスであり、ルノーとは交渉していない。ルノーはトランスミッションを供給することができないので、彼らの選択肢から外れたと思われる。 だが各種の情報を総合すると、彼らがフェラーリ製のパワーユニットを搭載するのは間違いなさそうである。彼らは2015年からの参戦を計画していたが、あまりにも時間がないので、その計画を止めて2016年からの参加に変更した。 その為、元々ダラーラへ発注する予定だったマシンを自作に切り替える。それでも彼らのF1に関する技術的な不足を補うために、パワーユニットだけではなく、できるだけ多くのパーツをパワーユニットメーカーと共有したいと考えている。 そのパーツの供給に一番協力的なのがフェラーリと言うことである。この話、フェラーリにとっても悪い話ではない。莫大な投資をしたパワーユニットの開発費用の一部を回収できるのであるから。 この話には伏線があり、実はスーパーアグリ時代から懸案になっていたカスタマカールールが2015年から緩和される。チームはエンジンやトランスミッション以外のパーツも購入することが許される。彼らはサスペンションも購入しようと考えている模様だ。 パワーユニットとトランスミッション、リアサスペンションを購入することができれば、後はシャシーとフロントサスペンションを作ればマシンの機械的部分はできる。後は空力パーツを考えるだけである。 ハースはこの契約は数週間以内に締結できると考えているようだ。もっとも2016年から参戦することで時間ができたとはいえ、F1の開発は1年以上前から始まるのが通常で、パーツを購入するとはいえ、残された時間は少ない。 彼自身もインタビューで、3年から5年の間は学習期間になることを認めている。また一人目のドライバーとして女性のダニカ・パトリックを候補に挙げている。注目を集められることと、体重が軽いことを理由にしている。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください