F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.7 カナダGP 一進一退のフェラーリ

今回、カナダGPの大きなアップデートを持ち込んだフェラーリ。アロンソはアップデートの効果はあると述べているが、予選は7位で決勝レースは6位だった。ライコネンは予選10位で、決勝も10位である。もっともこの順位はペレスとマッサがクラッシュして、最終ラップで消えたからの成績である。 関連記事:ライコネン 不振の原因をうまく説明できない 当然、他のチームも開発を進めているわけで、フェラーリだけが進歩しているわけではない。フェラーリのマシンは改善されてはいるが、まだその能力を100%使うことができていない。 だがそれでも大きなアップデートを持ち込んだカナダGPでこの結果は喜べない。 フェラーリのパワーユニットは、ルノーほどには開発が進んでいない。このサーキットはパワーが必要なコースであり、フェラーリは明らかにその部分で後れを取っている。 クリアなスペースで走るとある程度のペースはあるが、ストレートが遅いので、抜けない。そしてタイムをロスする悪循環に陥った。昨年もカナダGPから失速したフェラーリ。今年はこの後、どうなるのであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください