F1 ニュース&コラム Passion

2010 Rd.12 ハンガリーGP観戦ガイド

JUGEMテーマ:スポーツ 【サーキット】 ハンガロリンク 4.381km×70周=306.458km 多くの中低速コーナーと長いストレートを持つテクニカルなサーキット。 オーバーテイクは難しいサーキットである。 普段はレースが少ないことから、市街地サーキットのように金曜日の朝と日曜日の午後では路面コンディションが全く異なる。 周回ごとにグリップが向上するため、予選最後のアタックが勝負の分かれ目。 過去10回開催されているハンガリーGPで、ポールシッターが優勝したのは5回。 決勝レースでの追い抜きは、ほぼ不可能なため予選が重要な意味を持つ。 ただし過去5年間を見ると、PPが優勝したのは1回だけ。 予選順位と共にスタートダッシュも重要である。 ただ、このハンガリーGPは波乱のレースが多いことでも、知られている。 2008年、マッサが優勝目前でエンジントラブルでリタイヤしたことは、記憶に新しい。 2006年にはトップを走るアロンソがリタイヤし、ホンダのバトンが初優勝を飾った。 1997年にもトップ独走のアローズをドライブする、D・ヒルが残り数周でスローダウンしたこともある。 オーバーテイクが可能なのは、ストレートとターン1での飛び込みであるが、これも前のマシンが最終コーナー立ち上がりでミスをした場合に限られる。 気温は例年高く、降雨は非常に珍しい。 【エンジン】 全開率は58%と低くエンジンの負荷は少ない。 ただ、高温になることが予想されるので、温度的には厳しく、エンジン冷却は重要な要件である。 低速コーナーが多いことから、低回転域でのトルクが重要であり、ルノーエンジンは有利。 【シャシー】 ダウンフォースが大きいセットアップが基本。 効率のいいアンダーフロアから得るダウンフォースが重要になる。 また、低速コーナーではメカニカルグリップも必要になる。 低速からの立ち上がりのトラクションがいいルノーは有利である。 【タイヤ】 ブリヂストンはスーパー・ソフトとミディアムを持ち込む。 低速コーナーが多いため、リアタイヤのタレやグレイニングは致命的となるので、丁寧なアクセルワークが必要。 金曜日から日曜日に向かって劇的に路面状況が改善されるので、金曜日から日曜日の路面状況を想定したセットアップが重要になる。 【ピット戦略】 1ストップが基本。 オーバーテイクが難しいので、ピットインのタイミングは集中するだろう。 フューエル・エフェクトは少ない。 ストップ時間は、16秒+静止時間。 【レース展望】 予選で抜群の速さを見せるレッドブルが有力候補。 ただ、彼らは予選での速さを、決勝の結果に残せていないのが不安な点である。 低速サーキットで競争力のあるフェラーリが、今回もレッドブルの対抗馬。 マクラーレンは、空力性能の改善が追いつかなければ厳しい戦いを強いられると思われるが、彼らはこのサーキットで過去5年間で4回優勝している。 ルノーはここで競争力がある。 ルノーに食われる上位チームは、順位を落とすことになるだろう。 【過去5年間の優勝者】 2005 K.ライコネン <マクラーレン> 2006 J.バトン  <ホンダ> 2007 L.ハミルトン <マクラーレン> 2008 H.コバライネン<マクラーレン> 2009 L.ハミルトン<マクラーレン>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください