F1 ニュース&コラム Passion

レッドブルはシンガポールGP前にプログラムを変更

三度の世界チャンピオンであり、メルセデスAMGの非常勤会長であるラウダは
「レッドブルはシンガポールGP前にプログラムの変更をしていた。その理由はFIAから修正する必要があると通達されたからだ」と語った。
ただしこのプログラム変更がエキゾーストブローに関するものかは不明である。
ただレッドブルが修正を余儀なくされたと言うことは、彼らがこの領域でレギュレーションのグレーゾーンを狙い続けていることの証である。
ちなみにフェラーリはこの件に関しては、正式な抗議をする予定はないことを表明している。
またアロンソは、「彼らが違反をしているとは思わない。彼らは毎レースちゃんと検査受けて合格している。だから何の問題もない。彼らが速いのは彼らがいい仕事をしたからで、追いつけるかどうかは我々の問題だ」と話している。
クリスチャン・ホーナーは「我々がトラクション・コントロールを導入しているとの疑いがあるようだが、FIAに検査された単独のECUを使用する状況で、そのシステムを導入しようとするチームがいるとは思えない」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください