F1 ニュース&コラム Passion

レッドブルとルノーがV8エンジン最後の雄叫びを披露

レッドブルとルノーがブラジルGP終了後に、V8エンジン最後の雄叫びを披露してくれた。 ベッテルがスターターをウェバーに手渡し、ウェバーがスターターを挿入してエンジンを始動させる様は微笑ましい。 ルノーはリミッターを外して、V8エンジン最後の高音を聞かせてくれる。 V8 排気量2400ccのエンジンは2006年から使用され、今年が最後の年となった。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください