F1 ニュース&コラム Passion

新しい5秒ペナルティが導入

2014年シーズンから、5秒ペナルティが導入されることが決定した。   軽い違反に対する罰則として5秒ペナルティが追加されることが基本合意された。どのような違反に対してこのペナルティが適用されるのかは、これからF1チーム関係者と議論して決定される。 今のレギュレーションでは、もっとも軽い罰則でもピットレーン通過となり、約20秒弱のタイムロスを強いられている。これはレース結果に多大な影響を与えるので、ペナルティを決める方も、受ける方も難しい状況であった。 例えば今年のブラジルGPのマッサはピットエントリーの白線を四輪で踏みつけて、ドライブスルーペナルティを課されて表彰台の可能性もあった地元でのフェラーリ ラストレースを台無しにされてしまった。彼は誰も危険な状況に追いやっていないし、得ているゲインも少ない。このような場合には、この5秒ペナルティは有効になるだろう。 またこの5秒ペナルティはレース後の結果に対して追加される見込みである。その場合、走行する順位と実際の順位が異なる場合がでてくる。 この5秒ペナルティは、2014年シーズンからの導入が決定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください