F1 ニュース&コラム Passion

2005年F-1 Rd2 マレーシアGP 観戦記 予選編1

このGPはいきなりショックなニュースから始まりました。 琢磨、発熱で欠場! しかし、ウィルス性の発熱だかなんだか知らないけれど、GPの欠場はまずいでしょ。 普通、健康な成人男性がウィルスにやられる時はだいだい、疲労によるものが多い。 きっと、琢磨も移動とプロモーション活動などが多くて、ゆっくり休む間もなかったのだろう。 だとすればこれはマネージメント側も含めた失態だ。 これでデビットソンがバトンと同じタイムを出した日にゃ、琢磨のシートは危なくなるよ。 そんな、心配をしながら予選開始です。 フェラーリ沈没。 そんな感じの予選でした。 フェラーリのピットが映し出されていましたが、お通夜のようです。 こんなシーンを見るのは久しぶり。 ただ、これはフェラーリのマシンが旧型であるというのもあるが、ブリヂストンタイヤがあきらかにコンディションに合ってなかった。 ハードのミハエルもソフトを履いたバリチェロもタイムはほぼ一緒。 空タンクでないということはありえないから、フェラーリ&ブリヂストンは厳しい現実を突きつけられた。 フェラーリとトップとの差があまりにも離れすぎているのと、この酷暑の中ミシュランがレース終盤までペースを維持できる耐久性があるのかが大きな焦点となる。 もしミシュランがこのままいけるのであれば、フェラーリはこのレースも厳しい。 一刻も早いニューマシン投入が望まれる。 この他にはルノー&マクラーレンが好調を維持している。 そこに絡むのがトヨタ。 この速さは本物なのか? ドライバーがいいとこうなるという見本だね。 最後までタイヤが持てば、表彰台も夢じゃない。 こうなると厳しいのがBARホンダ。 まさか後輩のトヨタには負けられないでしょ。 でもこのGPもスピードが足りない。 デビッドソンも15位に沈む。 ウィリアムズやマクラーレンほどの開発力のないBARは、よほどホンダが資金と技術力で後押ししないと、このままシーズン終了なんてことになりかねないよ。 さてさて、日曜日はどういう展開になるのかな? 気温とミシュランタイヤのタイムに注目となりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください