F1 ニュース&コラム Passion

2014年に更なる空力開発制限

風洞実験とコンピュータによる空力開発であるCFDは2014年にレギュレーションで、厳しく制限される。 このルールは現在のチーム間で合意されている「リソース制限に関する合意(RRA)」よりも更に厳しくなっている。 この風洞とCFD、二種類の空力開発は、風洞施設の使用時間とCFDの使用したコンピュータの計算能力を表すテラフロップを制限される。 スポーティングレギュレーションには、FIAが空力テスト期間と定めた8週間の間、チームは風洞実験の時間とCFD計算量であるテラフロップの合計で制限されると定められた。 風洞使用時間はファンが特定速度以上で使用された時の総時間で規定され、CFD使用量はコンピュータの計算量の合計となる。 風洞使用時間は1週間の平均使用時間で規定され、CFDは8週間の合計値となる。 両方の計測は各ユニット単位でおこなわれ、テスト期間中30ユニットまで使用ができる。風洞1時間とCFD1テラフロップが各1ユニットとなる。チームは1週間で30時間の風洞実験をしてCFDは使用しないか、30テラフロップの計算をし風洞を使わないか、もしくはそれらの組み合わせで使用することができる。 現在のRRAでは風洞60時間とCFD40テラフロップの使用ができる。今回は風洞30時間でCFD30テラフロップのテストとなり、少ない開発しか許可されない。 この制限は過去12ヶ月間議論されてきたので、各チームにとって驚きは少ない。 この規制では、1週間の風洞使用回数と総合計時間も制限される。 これはより風洞時間と計算の制限より直接的な制限となる。現在のチームは1週間24時間の稼働で250回も動作させている。 レギュレーションでは単独の風洞モデルの使用を求めている。チームは定められた使用回数を使うために迅速な行動が求められる。 このルールではチームは制限内であることをFIAに証明しなければならない。 開発を効率的にするためにチームは人員とシフトの回数の削減をしなければならない。チームはこの制限内で最大の成果を出すために、風洞とCFD開発の効率化を求められる。 すでに2014年のマシン開発はほぼ終了しているので、新しいマシンの開発からこの制限は適用される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください