F1 ニュース&コラム Passion

2014年ヘレステスト1日目 ライコネンがトップ

2014年シーズン最初のテストが28日火曜日、スペインのヘレスサーキットで開催され、フェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。   レギュレーションが大幅に変更され、全く新しいパワーユニットを搭載した各チームは苦しんだ。8人のドライバーがトラック上にでたが10周以上できたのは僅かに3人。マクラーレンのジェンソン・バトンは電気系のトラブルで1周も走れなかった。 最も多く周回を重ねたのはフェラーリのキミ・ライコネン。彼は最初のラップでストップしたが、これは予防的な措置であり、大きなトラブルにはならなかった。 メルセデスのハミルトンは午前中、トップタイムを記録して順調であったが昼前にバリアにクラッシュしてテストを終了した。フロントウィングの破損が原因とみられる。 トロ・ロッソのベルニュは後半トラックで止まるまで15周を走行。この3人だけが10周以上走行できた。 レッドブルのRB10はトラブルに悩まされ、最後の15分になって走行したが、連続周回することはなく、ベッテルはタイムを記録しなかった。 2014年合同テスト1日目@ヘレス結果
No Driver Team Best Time LAP
1 7 K.ライコネン フェラーリ F14T 1分27秒104 31
2 44 L.ハミルトン メルセデス W05 1分27秒820 18
3 77 V.ボッタス ウィリアムズ FW36 1分30秒082 5
4 11 S.ペレス フォース・インディア VM07 1分33秒161 9
5 25 J.E.ベルニュ トロ・ロッソ STR9 1分36秒530 15
6 21 E.グティエレス ザウバー C33 1分42秒275 7
7 1 S.ベッテル レッドブル RB10 3
8 9 M.エリクソン ケータハム CT05 1
9 22 J.バトン マクラーレン MP4-29 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください