F1 ニュース&コラム Passion

ケータハムの新車CT05が走行

ケータハムの新車CT05がテスト初日にトラブルに見舞われて、1周しか走行できずタイムを記録できなかったが、彼らのフロントノーズのソリューションは興味深い。 彼らもまたフロントノーズを前方に伸ばしてきたが、それをフロントウィングを支える支柱として使用している。他のチームは前方に延びるノーズ部分はそれ単体として存在する。 フロントノーズの形状はかつてのフェラーリ312T4を思い出させる。 テストの初日はマーカス・エリクソンがドライブしたが、トラブルにより1周しか走行できなかった。 小林可夢偉はこのマシンでテスト最終日31日に金曜日に走行する予定である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください