F1 ニュース&コラム Passion

ロータスが株式をロシア企業に売却?

ロータスのオーナーであるジニ・キャピタルはヨタ・デバイス・カンパニーへ株式の売却で合意した。だがこの取り引きは少し疑問がある。 イギリスのエンストンに本拠地を置くロータスは、先週ヨタフォンとのスポンサー契約を発表したばかりである。ヨタフォンのロゴはフロントウィングのエンドプレートに掲載されている。 携帯電話のブランド強化の為のスポンサー契約とは別に、ヨタデバイスは少数の株式を購入した。購入した株式数は明らかでないが、関係者によると10%程度とみられる。 ロータスからの発表はないが、ヨタデバイスは投資計画を含むチームとの協力関係を、ヨタデバイスの広報担当者は明らかにしている。 「これはスポンサーシップではない。我々は株式を購入した」キリル・ルビニンは語った。 彼は投資の目的は、F1のテクノロジーを我々のビジネス活動に役立てるためであると述べた。 「目的はシンプルで、F1は非常に優れたエンジニアリング技術を持つ。だからF1からITへ何がもってこられるかみてみたい」 ジニ・キャピタルは100%の株式を所有していたが、昨年始めに投資家に2%の株式を譲渡している。 だがこの発表はどうも信用性に乏しい。本来このような発表は両社が同時に発表する類いのリリースである。それをロシア企業側が一方的に発表するのは、おかしい。 たとえこの合意が真実であっても、ロシア企業が資金をロータス側に支払うかどうかは、また別問題である。ロシア企業は契約を守らないことでも有名で、あまり信用力がない。昨年、ザウバーがロシア企業の投資を受け入れると発表したが、その後は全く何もおこらなかった。今回も同じ結末になっても驚きはしない。 またF1には優れたテクノロジーがあるのは事実ではあるが、それは携帯電話とは別の種類のテクノロジーであり、F1から携帯電話へ移設できる技術が多くあるとも思えない。 ロシア企業と投資の交渉をしなければならないほど、ロータスの経営状況は悪化しているのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください