F1 ニュース&コラム Passion

ルノーのトラブルはバーレーンテストまで治らない

ルノーは自分たちが抱えている問題は次回のバーレーンテストまで治らないと認めた。   ルノーは今週のヘレステストで信頼性の問題で苦戦している。特にレッドブルは深刻で最初の3日間でたったの14周しかしていない。チーム首脳は3日目のテストを午前で引き上げ、そのままイギリスのファクトリーに戻って対策を練ることになった。 現在、問題を解決すべく奮闘しているルノーだが、信頼性はバーレーンテストまでには修復可能であると述べた。 ルノーは今週、信頼性を損ねているソフトウェアに関しても対策を試みていて、最終日にはある程度の距離を走ることができると期待している。 ルノーのロブ・ホワイトは「我々が抱えている問題は必ず解決できると確信している」と述べた。 2日目にはバッテリー関連のトラブルが発生したルノーはバッテリーを交換した。しかしそれ以外にもソフトウェアやマッピングの問題もあり、それがパワーユニット全体のコントロールを難しくしている。 ルノーは全開ではないがマシンを走らせるように応急措置をほどこした。 これらの問題はトロロッソやケータハムでも発生しているが、特にレッドブルは酷い。レッドブルはオーバーヒートの問題があり、その結果パーツが燃焼した。 オーバーヒートはレッドブルのタイトなパッケージングが原因とみられており、これらを根本的に解決するにはレッドブルとルノーが協力して解決する必要があり、次のバーレーンテストまで時間が必要になる。 ロブ・ホワイトは次のテストまでは2週間あるので、問題を解決する自信があると述べた。「バーレーンテストに期待している」と語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください