F1 ニュース&コラム Passion

2014年ヘレステスト4日目 マッサがトップタイムを記録

2014年最初のプレシーズンテストがスペインのヘレスサーキットで開催され4日目の31日金曜日はウィリアムズのフェリペ・マッサがトップタイムを記録した。   テスト最終日のこの日はウエットコンディションとなった。トップタイムを記録したマッサは合計86周して、1分28秒229の最速タイムを記録した。 この日、最も多くの周回数を重ねたのはフェラーリのアロンソで115周して2番手タイム。次に周回数が多かったのはマクラーレンのマグヌッセンで110周を走行した。マグヌッセンは4番手タイムだった。 小林可夢偉は午前中、走行を重ねたが午後にルノーのパワーユニットにトラブルが発生。54周走行してテストを終了した。それでも3日目よりは走行距離を延ばし、問題点は多少改善されたようだ。ただトップのタイムとは5秒の遅れがあり、とてもレーシングスピードで走行したとはいえないのが現状である。 同じくルノーのパワーユニットを使用するレッドブルはさらに酷く、この日はタイムを記録したものの周回数はわずかに7周。トップからは7秒も遅く、問題点はあまり改善されていない。彼らは4日間のテストでたったの21周しかできなかった。彼らは次のバーレーンテストまで問題を解決すると述べている。  
Pos No Driver Team Best Time LAP
1 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ FW36 1分28秒229 86
2 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ F14 T 1分29秒145 115
3 34 ダニエル・ジュンカデラ フォース・インディア VM07 1分29秒457 81
4 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン MP4-29 1分30秒806 110
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス W05 1分30秒822 41
6 17 ジュール・ビアンキ マルシャ MR03 1分32秒222 25
7 99 エイドリアン・スーティル ザウバー C33 1分36秒571 69
8 6 ニコ・ルズベルグ メルセデス W05 1分36秒951 91
9 11 小林可夢偉 ケータハム CT05 1分43秒193 54
10 25 ダニール・クビアト トロ・ロッソ STR9 1分44秒016 9
11 3 ダニエル・リカルド レッドブル RB10 1分45秒374 7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください