F1 ニュース&コラム Passion

ニューウェイ RB10の問題を認める

レッドブルのエイドリアン・ニューウェイはヘレステストで見舞われたオーバーヒートの原因が、RB10の攻めたパッケージにあることを認めた。 「ヘレステストで我々を悩ませたのは、エキゾースト近辺のボディに問題があり、火災を招いたことである」 「我々はとても大きな冷却容量からくる空力の効率悪化を最小限度にとどめるために、リスクを取って、パッケージを挑戦する必要があると感じたんだ」 オーバーヒートの問題はレッドブル独特の問題ではなく、他のルノーユーザーであるトロロッソやケータハムも同じ問題を抱えており、走行距離が制限されてしまった。 「ルノーは特に大きな冷却容量が必要なようだ。3つのパワーユニットメーカーはそれぞれ独自のターボから送り込まれる空気の温度目標を持っているが、ルノーのそれは特に挑戦的な目標であり、もしそれが達成できれば有利になるが、簡単にはできない」とニューウェイは説明した。 レッドブルを含むF1チームは2月19日から4日間にわたり第一次バーレーンテストを実施する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください