F1 ニュース&コラム Passion

2014バーレーンテスト 1日目 ヒュルケンベルグが最速

2014年2回目のプレシーズンテストである第1次バーレーンテストの1日目が19日に開催され、フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグが最速タイムを記録した。   今回、ヘレステストを欠席していたロータスが新型マシンE22を持ち込み全てのチームの新車が出そろった。そのロータスは事前の撮影日を利用したテストで100kmを走行するなど好調が伝えられたが、この日はわずかに8周の走行にとどまった。 前回は4日間のテストでわずかに21周しかできなかったレッドブルは今回も苦戦。午前中は走行できず、午後になってやっと走れたが、それでもわずかに14周。タイムは5番手タイムだがトップとは約4秒弱の開きがあり、とても全開走行とは言えない状況である。 ルノーエンジン勢ではケータハムが68周走行をしたことが明るいニュースだが、タイムはトップとは4秒ほどの開きがあり、レーシングスピードとはいえない。 今回も好調なのはメルセデス勢。フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグがトップタイムを記録した。彼のタイムは昨年の決勝レースでベッテルが記録したファステストラップを上回った。メルセデスのハミルトンが3位で、マクラーレンのマグヌッセンが4位である。 【2014年第1次バーレーンテスト1日目結果】

Driver Car Best time Laps Difference
1 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes VJM07 1’36.880 78
2 Fernando Alonso Ferrari F14 T 1’37.879 64 0.999
3 Lewis Hamilton Mercedes W05 1’37.908 74 1.028
4 Kevin Magnussen McLaren-Mercedes MP4-29 1’38.295 81 1.415
5 Sebastian Vettel Red Bull-Renault RB10 1’40.224 14 3.344
6 Adrian Sutil Sauber-Ferrari C33 1’40.443 82 3.563
7 Robin Frijns Caterham-Renault CT05 1’42.534 68 5.654
8 Daniil Kvyat Toro Rosso-Renault STR9 1’44.346 5 7.466
9 Romain Grosjean Lotus-Renault E22 1’44.832 8 7.952
Felipe Massa Williams-Mercedes FW36 no time 5
Jules Bianchi Marussia-Ferrari MR03 no time 3
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください