F1 ニュース&コラム Passion

バトン 信頼性に自信

マクラーレンのジェンソン・バトンはチームがレース距離を走れたことに自信を持ったと話した。   レッドブルやロータスといったライバル達は走行時間を延ばすのに苦労する中、マクラーレンはバーレーンテスト3日目にレース距離走行のシミュレーションができた。 マクラーレンはバーレーンテスト3日目までに230周を走行し、これはレッドブルの2倍以上である。 バトンはチームは最速ではないと認めているが、信頼性が高いのは開幕戦に向けていい兆候であると認めた。 「僕たちが最速でないのはわかっている。でも遅くはない。走行距離を延ばしているのはいいことだね」 「レース距離を走れる。昨年はひどかったので、それは自信をもたらしてくれる」 「チームのメンバーは素晴らしい仕事をしてくれた。彼らは昨年の悪い結果の後、やる気満々だった。マクラーレンが復活するのはいいことだね」 レース距離を完走したことはバトンにドライバーが今年直面する、効率的な燃料使用に関する経験を与えてくれた。今年のF1はレース中に100kgの燃料しか使用できない。バトンはレースが始まると効率的に燃料を使用するのが簡単でないことを認めた。 「テストでは比較的遅く走るから簡単だ。でもレースでは難しくなるだろうね」 「全てのドライバーに調整が必要だね」 「多くのドライバーにとってレース距離を走りきるのは大きな問題になると思う」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください