F1 ニュース&コラム Passion

第2次バーレーンテスト2日目 再びペレスがトップ

フォースインディアのセルジオ・ペレスが2日連続でトップタイムをマークした。   ただし昨日、記録した最速タイムよりは遅かったが、差は約0.3秒であり僅かであった。 フェラーリのアロンソのタイムは僅か0.064秒及ばず2位。ただしこの日122周を走りきり、最も周回数を稼いだ。 この日もトラブルで走行を中止するドライバーが多かった。 ルイス・ハミルトンはテスト開始早々にターン3でコースオフした。その後もギアボックストラブルで走行を中断。 ロータスのマルドナドは走行中にマシンから出火して、テスト終了三時間前に走行を終えた。 同じような現象はケータハムのエリクソンに出て、彼もテスト終了前に走行を中止した。 マクラーレンのジェンソン・バトンも技術的な問題で走行ができず、修理が終わるまで5時間もガレージで過ごした。 ただレッドブルには改善の兆しが出てきた。2日目もテストを担当したリカルドは3番手タイムを記録。トップのペレスとはたったの0.173秒差でほぼ同じタイムといっていい。ただ周回数は増えたとはいえ66周である。だが速さがあることはわかってきたので、今後は信頼性の問題に集中することができる。残り2日間でレッドブルはどこまで巻き返せるだろうか。 タイムを比較すると上位の5台はパフォーマンス走行をしたと見られる。下位2台のロータスとケータハムはそれ以前の問題でレーシングスピードで走行できていない。まだ問題は深刻である。 第2次バーレーンテスト2日目結果 Pos Driver Team Best time Laps Difference 1 Sergio Perez Force India 1’35.570 108 2 Fernando Alonso Ferrari 1’35.634 122 0.064 3 Daniel Ricciardo Red Bull 1’35.743 66 0.173 4 Felipe Massa Williams 1’36.507 103 0.937 5 Jenson Button McLaren 1’36.901 52 1.331 6 Jules Bianchi Marussia 1’38.092 75 2.522 7 Lewis Hamilton Mercedes 1’39.041 89 3.471 8 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’39.636 61 4.066 9 Esteban Gutierrez Sauber 1’39.976 106 4.406 10 Pastor Maldonado Lotus 1’41.613 31 6.043 11 Marcus Ericsson Caterham 1’42.516 55 6.946

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください