F1 ニュース&コラム Passion

FIAとピレリ タイヤ温度を監視

ピレリは新しいタイヤセンサーをバーレーンでテストしている。 チームがタイヤウォーマーで温めた時に、タイヤに貼付されたステッカーはタイヤ表面の温度をモニターする。ステッカーは温度に応じて色が変わり、温度の変化を外側から簡単に確認することができる。 これはチームが熱を入れすぎたタイヤを装着することを防ぐ目的でテストされている。タイヤはあまりにも高温になるとその構造を維持することが難しくなり、危険なためにピレリは神経質になっている。チームとしてはタイヤを温めて出したいので、ピレリは外側から見て簡単に温度がわかるようにしたい。 「ピレリはタイヤの最高温度を110℃と規定している。コースに出る前にタイヤはその温度を超えてはならない」とピレリはコメントした。 「FIAはタイヤ温度と共に、定められた空気圧とキャンバー角が守られるように、監視していく」 FIAは来年よりタイヤウォーマーを禁止する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください