F1 ニュース&コラム Passion

第2次バーレーンテスト 最終日 ハミルトンがトップタイム

2014年最後のプレシーズンテストがバーレーンでおこなわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録して、全てのテスト日程を終えた。 ハミルトンはテスト最終日の最速タイムをマークしたが、昨日ウィリアムズのマッサが記録したタイムには0.02秒届かなかった。 2番手タイムはウィリアムズのボッタスでハミルトンには0.7秒届かなかったが、108周を周回しこの日の最多ラップ数を記録した。 8日間のバーレーンテストの最終日となったこの日も赤旗が8度も提示され走行時間が少なくなったので、テスト終了時間が25分間延長され、走行機会が確保された。 だがそのテスト終了時間前にテストを終えたチームもあった。ロータスのグロージャンはマシンのリアから出火したコースに止まりテストを終えた。 フェラーリのアロンソもテスト終了間際に3番手タイムを記録したが、テスト終了前に止まってしまった。彼のタイムはハミルトンより1秒遅い。 マクラーレンのバトンもエンジントラブルで21周しかできずにテストを終えた。 昨日は1周も走れなかったベッテルはこの日、77周を周回して前進したが、この日もフロントのメカニカルトラブルによりターン1に止まる場面もあった。 ケータハムの可夢偉はロングランテストを実施し、合計で106周を走りきったがタイムはハミルトンより5秒以上遅く、マシンのパフォーマンスをチェックするまでには至らなかった。彼はタイムアタックをする際にクラッチトラブルで走行できなかった。 これで2014年のプレシーズンテストの全日程が終了した。開幕戦のオーストラリアGPは3月14日金曜日から始まる。   Pos ドライバー チーム ベストタイム 周回数 タイム差 1 L.ハミルトン メルセデス W05 1’33.278 69 2 V.ボッタス ウィリアムズ FW36 1’33.987 108 0.709 3 F.アロンソ フェラーリ F14 T 1’34.280 74 1.002 4 N.ヒュルケンベルグ Fインディア VJM07 1’35.577 74 2.299 5 J-E.ベルニュ トロロッソ STR9 1’35.701 74 2.423 6 A.スーティル ザウバー C33 1’36.467 91 3.189 7 M.チルトン マルシア MR03 1’36.835 61 3.557 8 E.グチエレス ザウバー C33 1’37.303 86 4.025 9 S.ベッテル レッドブル RB10 1’37.468 77 4.190 10 J.バトン マクラーレン MP4-29 1’38.111 22 4.833 11 小林可夢偉 ケータハム CT05 1’38.391 106 5.113 12 R.グロージャン ロータス E22 1’39.302 32 6.024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください