F1 ニュース&コラム Passion

メルセデスとウィリアムズが一歩リード

フェラーリのチーム代表 ステファノ・ドメニカリはメルセデスとウィリアムズが一歩先を行っていることを認めた。   彼はフェラーリはその2チームの次の3番手につけている考えている。 「これまでのテスト見たところ、その2つのチームが抜きんでている。その後に我々がいる」プレシーズンテストの最終日を終えたドメニカリは述べた。しかしドメニカリはシーズンが始まれば、状況は急激に変化すると信じている。 「全てのチームが開発を進めてくるので、第1戦から第2戦、第2戦から第3戦と大きな変化があると思う」 「最初は信頼性が大きな鍵になる。完走しなければ1ポイントも取れない。今、苦しんでいるチームも先行しているチームがもたつけば、追いつける可能性がある」 12日間のテストを終えたが、エンジニアにはまだまだやるべき事が多くあると述べた。 「開発の優先順位を付けなければならないのはとても興味深い」 「注目しなければならない1つのエリアはターボエンジンと電気エネルギー回収システムの協調性であり、その部分にはやるべき事が多くある」 これは今年の最重要開発ポイントとなるエネルギー回収システムの協調制御が一番難しく、だが開発のゲインが一番多いことを表している。ルノーが一番苦しんでいるのもこの部分であると見られる。 「もう一つは、マラネロに帰ってからデザイン時の想定と実走データに関連性が見られるか調べなければならないが、いまのところいいと思う」 昨年までフェラーリは風洞と実走データの間に大きな乖離が見られて苦戦を強いられた。これにより開発した空力パーツがほとんど役に立たず、シーズン中に競争力を失った。今年は今のところそのようなことはないようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください