F1 ニュース&コラム Passion

2014 RD.1 オーストラリアGP FP1 アロンソがトップ

2014年の開幕戦 オーストラリアGP 最初のフリー走行FP1が開催され、フェラーリのアロンソがトップタイムを記録した。   規約が大きく変わった2014年シーズン最初のフリー走行ということで、大きな注目を集めたが事前の予想よりも大きなトラブルは少なかった。 プレシーズンテストで好調を伝えられていたハミルトンのメルセデスがセッション開始早々に止まってしまったのは、意外であった。彼はマシンが回収できずにFP1を走行することができなかった。チームがFIAに確認したが、このエンジンは年間5基の制限外となる。 レッドブルのベッテルはセッション前半はバッテリー周りを見ていたが、50分過ぎた辺りで走行を開始。5周連続のタイム計測をするなど、こちらも予想を裏切る走りを見せた。さらにチームメイトの地元リカルドは26周を走行するなど、彼らのマシンは改善を見せていた。 レッドブルはボディカウル後端の空気穴を大きくしてきた。これは冷却を強化するための改良である。 関連記事:レッドブルの強みと弱み 可夢偉はマシンが燃料系のトラブルで動けず。1周だけインスタレーションラップをして、タイムを記録せずにFP1を終えた。ケータハムは2台ともタイムを記録できず。 ロータスも2台ともトラブルで、タイムを記録できなかった。   Pos ドライバー チーム タイム 周回数 1 F.アロンソ フェラーリ 1’31.840 20 2 J.バトン マクラーレン 1’32.357 23 3 V.ボッタス ウィリアムズ 1’32.403 27 4 F.マッサ ウィリアムズ 1’32.431 19 5 D.リカルド レッドブル 1’32.599 26 6 N.ロズベルグ メルセデス 1’32.604 17 7 S.ベッテル レッドブル 1’32.793 10 8 K.マグヌッセン マクラーレン 1’32.847 28 9 K.ライコネン フェラーリ 1’32.977 19 10 J.E.ベルニュ トロロッソ 1’33.446 30 11 N.ヒュルケンベルグ フォースインディア 1’33.533 23 12 S.ペレス フォースインディア 1’33.855 24 13 D.クビアト トロロッソ 1’34.272 27 14 E.グチエレス ザウバー 1’35.578 7 15 A.スーティル ザウバー 1’36.445     13 16 J.ビアンキ マルシア 1’40.859 6 17 M.チルトン マルシア 1’46.922     4 18 M.エリクソン ケータハム No Time 1 19 L.ハミルトン メルセデス No Time 1 20 小林可夢偉 ケータハム No Time 1 21 P.マルドナド ロータス No Time 2 22 R.グロージャン ロータス No Time 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください