F1 ニュース&コラム Passion

2014年F1技術レギュレーション7つの変更点

今年はF1のレギュレーションが大きく変更された。ここでは影響の大きな7つのポイントに絞ってまとめてみた。 1.フロントウィングの幅の減少 フロントウィングの幅は150mm狭くなり、1650mmになる。つまりウィングは片側で75mm狭くなり、タイヤの外側にあったエンドプレートはタイヤの中に位置する。これはフロントタイヤの乱流を大きくし、マシン全体のエアフローを悪化させる。 関連記事:フロントウィングの幅の影響は大きい 2.TVカメラ テレビカメラを空力的に利用しないようにフロント・サスペンション直前の特定領域に設置するように義務づけられる。 3.サイドポッド 側面の衝撃吸収のために幅が広くなる。またそれ以外にもパワーユニットの冷却容量が増えることにより、空気取り入れ口の開口部が広くなる。 4.リアウィング リアウィング下側のビームウィングは禁止。またリアウィングの上下幅が狭くなり、ダウンフォースが削減される。また追い抜きがしやすいように、DRS作動時の開口部が50mmから65mmになりドラッグが減る。 関連記事:マクラーレン 疑惑の秘密兵器 5.排気管 排気ガスを吹き付けて空力学的なアドバンテージを得ることを禁止するために、排気管は車体中心軸から出る一本だけになる。 6.パワーユニット 1.6リットルV6エンジンにシングルターボが装着され、2基のエネルギー回生システム(ERS)を用いて駆動されるモーターがそれを補完する。さらにギアは7速から8速へ変更されるが、ギア比は年間を通して固定される。燃料は1レースで100kgの制限があり、燃料使用にも1時間当たり100kgの制限がかかる。 関連記事:パワーユニットの変更 7.ノーズの高さ 安全性を考えてノーズの高さは550mmから185mまで引き下げられた。 関連記事:どのノーズがお好き?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください