F1 ニュース&コラム Passion

バトン F1からの引退を示唆

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_89P3401-s マクラーレンのジェンソン・バトンはインタビューの中で、これが自分の最後のF1になると述べ、F1からの引退をほのめかしている。 彼はこのアブダビGPが彼の最後のF1GPになることを認めた。彼は3ヶ月前まではF1に残ろうとしていたが、今の考えは変わっていると述べている。 「今は落ち着いている。正直に言うと日本GPまでは少しナーバスになっていた。でも今は違う挑戦をすることに目を向けている。F1は素晴らしいが、F1だけがレースだけではないということに突然、気がついたんだよ」 ファンが心配しているがの問いには、「自分が一番心配しているよ」と冗談を交えながら、「ファンはこの状況を怒っているみたいだけど、自分の見方は違う。今はリラックスしているし、この週末を楽しみたい」と述べた。 アロンソがチームメイトに君を推薦しているとの質問には、「彼がそう言ったかどうかは、よくわからない。自分の2015年に関して付け加えることはない。わかっているのは、今週が今年最後のレースだということと、多分、自分の最後のF1になるだろう」 辞める準備はできているかと聞かれたバトンは、「3ヶ月前にF1から離れるかと問われれば、ノーと答えていただろう。F1には15年間もいたからね。でも新しい道を探るのも悪くはない」 F1の中で一番感情的になったのはとの問いには、15年前にバルセロナで初めてフランク・ウィリアムズにマシンに乗るように言われた時だと話した。 「その時は自分と父にとって、非常に感情的な瞬間だった。その後、多くの浮き沈みがあった。自分は長い間F1にいられてとても幸運だった。でも信じられないほどハードワークもしてきた」 来シーズンに関しては、WECのチームと話していることを認めた。 「WECの人たちと話をしているよ。とても興味深いし、考慮すべき選択肢である。僕は馬鹿じゃないからね。来年もレースをしたい。ハイレベルの競争ができるカテゴリーにいたい。それはとてもエキサイティングなチャレンジになるだろう」 このアブダビGPがバトンのF1最後のレースになる可能性は高い。素晴らしい彼のドライビングを目に焼き付けておきたい。
Tagged on: , , ,