F1 ニュース&コラム Passion

メルセデス 5基目のエンジンは秘密兵器に!

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

f1testbarcelona2016jk_1845202-barcelona_test メルセデスのPU開発責任者であるアンディ・コーウェルがチームは、五基使えるうちのひとつのエンジンをセーブし、シーズン中にスペシャル・エンジンとして使うことを検討している。 レース開催数が21に増えたことにより今年使用できるPUの数が昨年の4基から5基へ増えることになった。 それによりメルセデスはシーズンを通して4基のPUを使用することを考えている。つまり5基目のエンジンは予備として取っておくのである。それによりチームはシーズン終盤にフレッシュなPUを使用することができる。 「私たちの計画はもともと20レースを4基のパワーユニットで走りきるものだった。それが私たちの目標だった」と説明した。 「オーストラリアまでの数週間とメルボルンでの結果により、トラブルができた時の予備として使うかもしれないし、秘密兵器として取っておくかもしれない」 「メルボルンに行く前に全てをこなすつもりだ。工場やテストでハードウェアにトラブルがあるかないか見なければならない」 コストダウンの為、年間4基に制限されていたPUが、今年21レースになり信頼性が確保できない恐れがあるので、ひとつのPUが追加された。 ちなみに開幕前に1レース少なくなり20レースになった場合、PUは元に戻され年間4基となる。そして現在、アメリカGPが資金難から開催が危ぶまれている。もっとも開幕戦までに開催数が減らなければ、シーズン中にレース開催数に変更があっても、使用できるPU数は5基のままである。 これにより5基のPUが使用できるようになったのだが、メルセデスはなんとそのひとつを使わないで、トラブルが起きたときの予備か、シーズン終盤にチャンピオン争いしているときの秘密兵器として使おうとしている。 彼らの言葉を聞くと、明らかに彼らはトラブルの為の予備と言うよりは、最後の切り札として考えている。つまり彼らはPUの信頼性に絶対の自信を持っている。 実際、最初のバルセロナテストでは彼らは他を圧倒する走行距離を見せつけている。 これは他のチームとは別次元の信頼性である。今年も彼らの強さに陰りはなさそうである。