F1 ニュース&コラム Passion

フェラーリはメルセデスとの差を詰められる

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

  フェラーリはマレーシアでメルセデスとの差を縮められると信じている。 メルセデスはオーストラリアGPの予選で、3位以下のマシンを1.3秒も引き離してポールポジションを獲得した。フェラーリのテクニカル・ディレクターである、ジェームス・アリソンはフェラーリはメルセデスの出来に関わらず、差を縮めることができると述べた。 「メルボルンでのメルセデスとの差は大きく、彼らが1-2フィニッシュするのに充分だった」 「でも全てがうまくいけば、メルボルンより差を縮めることができると考えている。メルボルンではうまくいかなかった部分もあったけど、セパンではうまくいくように望みたい。自分達のマシンを速くすれば、予選で3位と4位は狙える」 「セパンとメルボルンは気候的には全く違う。でもトラックはそんなに大きな違いがあるわけではない。私たちはコースを二つの側面から見ている。一つはパワーがタイムに及ぼす影響が大きいか、ダウンフォースが与える影響が大きいかだ。その二つの視点でセパンとメルボルンを比べると、この二つのトラックは似通っている。だからメルボルンでいいパフォーマンスを見せられれば、セパンでも同じ事ができる」 「セパンの大きな違いはとても暑いことだ。だからマシンの温度を適切に保つのは難しいし、タイヤの温度を管理するのは決定的に重要になる。タイヤの温度管理はメルボルンよりもより難しく、より重要になる」 だが実際にはメルボルンにはない高速コーナーがセパンにはある。だからこのアリソンの見解はかなり楽観的すぎると思う。実際には、メルセデスはメルボルンよりライバルを離すのではないかと考えている。